toggle
2017-05-21

お茶好きには絶対楽しい!Melbourne Tea Festivalと気になった日本茶ブランド

コーヒーは大好きなんですが、だんだん体調の変化とともに、一日何杯も飲めなくなってきました。今は朝一杯飲み。

だんだんお茶派に移行していて、最近はハーブティー、ほうじ茶、玄米茶、チャイをよく飲んでいます。

いろんなお茶をよく買うので、お茶の引き出しがもう溢れそう…

この週末、初めてMelbourne Tea Festivalに行ってきましたよ。

まず入り口でテイスティング用の可愛いカップがもらえます。

店から店へ、お茶をテイスティングしてまわります。

 

見て良し、飲んで良し

お茶って種類によって味も全然違うし、見た目も全然違うからすごくおもしろいですよね。

手に取った時に嬉しくなるようなパッケージが多いのもお茶の魅力の一つ。

 

中国茶

ギュッとプレスされたお皿の様なお茶。

 

干したミカンの中にお茶が入っています。

クリスマスツリーのオーナメントにもなる?!

 

チャイ

チャイも人気のお茶です。

いくつかあるチャイのお店で私が気に入ったのが、Chai Walli

アーユルヴェーダに基づいて作られたチャイです。

 

ハーブティー

ハーブティーは見た目が美しいので、それだけでワクワクしますね。

メディカルなイメージのボトルや、お試しサイズの試験管が人気で、女性が群がってたTTOTALER

 

気になる日本茶ブランド

今回出店していた中で、気になる日本茶オンリーのブランドが2件ありました。

Perfect South

オーナーは日本好きなオージーカップル。

ビクトリア州北東部の気候が日本の有名なお茶の産地の一つに似ているため、そこで栽培されたお茶を日本の製法で製茶しているんだとか。

 

煎茶、ほうじ茶、玄米茶、クキ茶。

キャラメル玄米茶などのブレンドティーが7種類。

こちらで日本のブランド以外の日本茶を飲むと、「日本茶じゃない!!!」っていう味のお茶が多いけど、ここの日本茶はちゃんと日本茶です。

日本人以外の人が、オーストラリア産のお茶でここまできちんとした日本茶を作って販売してくれてるなんて、なんだかすごく嬉しくなりました。

 

Matcha Matcha

アジア・オセアニアで日本茶の卸をしているGrow Green Tea Companyさんが立ち上げた自社ブランド。

ハンドドリップでお茶を淹れるGAKUさん。

写真では見た事があったけど、実際にハンドドリップを見るのは初めて!

お茶を蒸らしている間、ふわっといい香りがただよいます。

ほうじ茶と玄米茶。

普通、玄米茶は、玄米とお茶がブレンドされた状態でパックされてますよね。

GAKUさんが淹れてくれるのを見ていると、お茶と玄米は別々で、玄米をドリップ直前に加えていました。

だからとっても香ばしい!

 

ここ何年か抹茶ブームですが、実際に自分でどうやって作ったらいいのか分からない人が多いので、抹茶の実演をしてくれています。

 

まとめ

お茶は、種類が豊富で、茶葉、水色、味、香り、パッケージの美しさ等、コーヒーとはまた違った魅力と楽しさがあります。

お茶派はカフェインフリーを好む人が多いようで、どこのハーブティーブランドも人気がありました。

オシャレで美味しいコーヒーを飲めるカフェはそこら中にあるメルボルン。

お茶を楽しめるオシャレなカフェが増えていったら、メルボルンももっと面白くなる気がします。

そして、日本茶はもっと自由にもっとかっこよくなれる!そう思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

関連記事

    関連記事はありません

コメント1件

  • […] 先日のMelbourne Tea Festivalで買ったThe Fitzroy NaturopathのSleep Wellというオーガニックハーブティー。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です